2007年6月14日 (木)

メシに救われた

きのうの日記に「つわりで死にたい」みたいな事を書いたら、
フィーヤン担当編集・のぶえから励ましのメールが届いた。のぶえも
つわりには随分と苦しめられたらしく、でもとにかく安定期に入れば
楽になるから頑張れとの事が書いてあった・・・ありがとう、のぶえ・・・
マリエ、もう死ぬなんて言わない、もう大丈夫、だってさっき外で、もの凄く
うまい昼メシかっくらってきたから・・・のぶえ、そのメシって「すた丼」てゆうんだけど
のぶえは食った事ある・・・?

てなわけで「すた丼」。店の名前が「伝説のすた丼」てゆうんだけど。
文字通り「スタミナ丼」の略であるが、発祥は国立(くにたち)とのこと。
チェーン店が色んなとこにあるらしく、私が行ってきたのは、早稲田店。
豚コマ肉をニンニクと醤油で味付けして炒めたものを、大盛りの白飯の上に
ドカ〜ンとのっけた食い物なのだが、いやあ・・・凄いんだ、なんかもう。
私は、すた丼にカレーもぶっかかってる「すたみなカレー」ってやつを
たのんだのであるが、とにかくもう。アホみたいにうまいんだ、コレ。
隣で食ってた夫も、あんまりにウマくて絶句してるし。ちなみに
夫は「すた丼と小ラーメンのランチセット」をたのんだのだが、
どうも後悔していたようだ。というのも、
ラーメンとセットのすた丼はサイズが小さい。(それでも普通の牛丼屋の
「並」くらいのサイズなんだけど)セットじゃない「普通のすた丼」は、
もの凄いんだ、大盛りで。それでたしか580円とかだったはず。
夫はその、大盛りのすた丼に顔を埋めるようにして、
むさぼり食ってみたかったようである。
そんな訳で肝心の、店の客層だが。
当然のように私以外、見事に全員男。野郎だらけ。金玉づくし。ポコチンばっか。
そして、そのほとんどが、リピーターらしく「セットじゃないすた丼」を
ガフガフいいながらかっくらってる。人によっては、ニンニク臭いそのブタ肉に
さらに真っ赤なラー油もぶっかけてる。凄い絵ヅラだ。
男子校の雰囲気ってこんなふうなのか?
すた丼自体「食ったら、即、勃起に直結」みたいな食い物だから、
そこにいるだけで、空気感染で妊娠してしまいそうな勢いだ。
そして、当然ながら店の店員も凄い。全員、格闘技とかやってそうな面構えで、
背中に「掟」と書かれた黒いTシャツを着用。(ちなみに「掟」の文字は
ぶっとい筆でなぐり書きしたような、豪快な書体)そんなふうに
昼間から異常にボルテージの高い店内&厨房なのだが、その厨房に
「元プロレスラーのような中年の男」がノッソリと現れた。顔は武藤に似ていて
強面だが相当カッコいい。男が惚れそうな男、といった趣である。
「おはようございます!!!」店員達がその中年に揃って挨拶をしている。
雰囲気からして、どうやら店長なのだろうか、とにかく「すた丼の店長にふさわしい」
そんな雰囲気の、「男の中の男」といったカンジの中年男である・・・
喧嘩も強そうだ、器もデカそうだ、そうなると当然、若い連中のケンカの仲裁なんて
赤子の手をひねるようなものだろう・・・そして何より「こんな男の子供が産みたい!!」
と、女だったら(ホモでも)子宮がうづきそうな、そんな凄い男である。
この店は「高校生でもアルバイトOK」な店なので
もし、自分の子供が高校生になった時に
「母さん!!俺、すた丼屋でバイトしたいんだ!!」
なんて、コブシ握りしめて言ってきたら、私は迷う事無く許可するだろう、
なにせこんな店長のいる店だもの。
学校だけでは得られないような、素晴らしい人生勉強が出来そうな環境である。
先輩の店員達も、色んな悩みにのってくれそうな、アニキ肌の若者達ばかりだ。
フーちゃんが高校生になったら、彼女にもすすめてみようか、すた丼でバイト。
そんなわけで、ここまでウマイ「豚肉のっけメシ」があったら
正直、私、もう、牛丼はいらないわ、なくてもいいわ、と、
そこまで思わせた味なのであった、凄いな、すた丼。
「ロハス」とか「マクロビ」とか「メタボリック」とか言ってる輩は
絶対口にしないだろうけど、でも、もったいないなぁ、
一度くらい食ったって死なないよ〜〜〜、って思うんだけど。
つわりで人生もう終わり、死にたいとか言ってた私が
かっくらってみたら、もう一度人生やってみようなんて、そう思った味。
すた丼以外にも、他にも色んなメニューが揃ってるみたいなのだが
多分、他の味も絶対うまいはずである。個人的には
今度はチャーハン食ってみたい。(なんか、スーパーJチャンネルで
紹介されたみたいである。これも大盛り。)

ところで、この文章読む限り、どう見ても
「つわりで苦しんでる妊婦の文章」には見えないな、と思った。
この文章読んで「つわりがますますひどくなったじゃないの!!」なんて
妊婦さんがいたらホントに申し訳ない。でも、すた丼て、ほんとうまいんですよ。


| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

向田邦子気分、満喫。

昨晩の私は、非常に煮詰まっていた。ネームに煮詰まっていたのだ。
眉間に深く刻まれるシワ、増えるタバコの本数。そして苦みばしる顔。
段々、煮詰まり過ぎて、頭から、臭みの強いケムリが立ちのぼってきたので、
私は「煮込み料理」を作る事にした。「煮詰まってる時は、煮込み料理を作るに限る」
そうする事で私の場合、心が平静を取り戻すのである。そんなわけで、さっそく
スーパーで食材を購入。自宅の台所でまず、トリモモ肉をぶった切ってニンニクと一緒に
焼きはじめた。そこに、タマネギ、ニンジン、ジャガイモを投入。火が通った所へ、
トマト缶をぶっこみ、余ってた赤ワインやコンソメキューブもぶっこみ、冷蔵庫の中を
あさったら、期限切れのローリエを発見したので「別に死にはしないだろう。」と
判断して、それもぶっこんだ。そしてその後、アンチョビ丸ごと一缶を刻んでぶっこみ
塩こしょうで味付けして完成、ザ・マリエのぶっこみ煮、って、単なる
トマト煮込みなのだが。そんなわけで、ドキドキしながら味見をしたら。
「あら!!!なかなかイケるじゃないの、これ!!」アンチョビぶっこみのおかげ
だろうか、トマトの酸っぱさが軽減されてて、かなりうまい。なかなかステキな
一品である。災い転じて、その日の夕飯は、そんな、こ洒落たイタリアン・マンマな
食卓になった。が。・・・そんな時に夫が、「獄門島の続き、観ていい?」と言い出した。
そして私が返事をする間もなく、DVDの再生ボタンが押され、32インチのTV画面に
デカデカと写し出された映像は・・・「ハラボテの草笛光子が、へんな呪文を唱えはじめ、
急に産気付くシーン」であった。・・・せっかくのイタリアン・マンマ気分が
産気付くハラボテの草笛光子、呪文つき。
・・・とりあえず、メシはうまかった。獄門島も、なんだかんだ言っておもしろかった。
しかし、私の「ぶっこみクッキング熱」は、まだまだ覚めやらぬ状態にあった。
メシ終了後、私は「冷蔵庫で忘れ去られた存在と化していた、マスカルポーネチーズ」を
無言のままに練り始めた。そこに、これまた忘れ去られた状態になってたビスケットと
チョコレートブラウニーを、さらにブッコミ。そして「それ、ちょっと分けてよ。」と
夫が飲んでたコーヒーを、そのままダバダバと注ぎ入れ、これをデベデベと
かき回し、ラップをして冷蔵庫の中に入れた・・・・。

そして一夜明けて今日。昼飯後に、この「残飯デザート」、食ってみました。
「なにこれ!!!これって、ちゃんとしたティラミスの味じゃないの!!」
そう、そのゲテマゼなシロモノは、見た目はゲテゲテたが、味はほんとにチャンとした
ティラミスになっていた。「もしかして、そんなふうになるかな〜」と思ってたら、
ホントにそうなっていたのだ。目をつぶって食えば、ジローラモだって「ブォ〜ノ!!」と
言いそうな、そんなうまさ。残り物には福があるとは、まさにこの事だろう、
私は「始末料理の大家・向田邦子」に5ミリくらい近付いたような気になった。
そして、平野レミのように、小躍りしながら歌い出したい気分に駆られた。

・・・・しかし、ネームの方は、相変わらず煮詰まっていた・・。

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

久しぶりの出会い

なんとなく二日酔い。年々、酒、弱くなってる。
もともと、そんなに強い方でもない、というのもあるし。
酒とタバコ、どっちかやめろと言われたら、私は迷わず
酒をやめるな。酒、ほんと、もう、いい。
今日は昼近くに起きて、気持ち悪いにもかかわらず
なんか食いてぇとか思って親子丼を食いました。
食いながら「そういえば、最後に親子丼食ったのって、一体いつだ?」
と、思い、自分がもう、4〜5年位親子丼を口にしてなかった事に
気が付いた。自分の中で「親子丼の存在感」が、かなり薄くなっていたようだ。
久しぶりの親子丼は、しみじみ、期待を裏切らない味で
ダシの効いた卵ジュルジュル、とり肉ゴロゴロでうまかった。
しかし、店で流れるBGMは何故かアン・ルイスの「六本木心中」だった。
なんか、カラオケボックスで親子丼食ってるみたいな気持ちになった。
六本木心中には、親子丼より「フライドポテト、からあげ、カルピスサワー」とかの方が
似合うような気がする。

帰宅した後、ちょっと寝てから週刊現代のイラストをやりました。

| | コメント (0)

2007年2月 5日 (月)

ステキな奥さん的一日

今日はよく晴れてる、起きたらもう、朝の10時。今日は
メシ食ったら、週刊現代のイラストをやろう。それが終わったら、きのう
煮た豆の、あまった煮汁でカレーでもこさえようかと思う。なんか、やたらと
豆の味の強い汁で、捨てるの、もったいないような気がするんで。
・・・「きのう煮た豆」・・・そう、私は昨日、生まれて初めて豆を煮た。
豆の種類は大豆・・・実は私、きのうの日曜日、娘と二人で、人生初の
「手作り味噌」にチャレンジしたのである!!しかも、フィールヤング編集部の
小林のぶえ嬢が作ってくれた、二人でおそろいの、花柄のエプロンに身を包み、である。
絵ヅラ的には、まさに「天然生活」といった様相で、そのカッコで、
さっそく、前日から一晩、水につけてた豆を、圧力なべで煮てやわらかくした。
そしてソレを、ごみ袋にぶっこんで、上から娘に足でふんずけてもらってつぶす。
知人の味噌作りの達人に「マッシャーとか使ってつぶすより、
ふんづけるほうが早いし、子供もそっちの方がおもしろがるから」と
聞いていたのだが、フーちゃんも、ホントにその通り、すごく楽しそうにふんづけてて・・・
やわらかい日差しの中・・・マリエとフー子の天然生活・・・クウネル、リンカラン・・・。
そしてその後、塩と麹を混ぜたもんの中に、その、つぶした豆をさらに練り込み、
これを消毒した「味噌かめ」につめて終了・・・味噌かめ・・・別にそんな立派なもんじゃ
なくてもいいらしいのだが、私はどうしても「かめ」で作ってみたかった。だから
ネットで探しまくって、そして購入。昔は「ドゥ・ラ・メールの化粧品が欲しいのよ!!」
なんて叫んでた女が、今は「味噌かめが欲しいの!!」と叫んでる・・・人間、変われば
変わるもんである・・・てなわけで、今、その味噌は新聞紙で厳重に封をされて
うちの台所の片隅にドッシリと鎮座している。味噌かめの存在感は台所の中でも異彩を放っている。
これを見たら、お姑さんとか「あら・・・やる時は、やる女なのね。」と
私を見る目が変わるんじゃないかって気がする。「あんなマンガ描いてるけど、
ホントはマリエさんって」なんて思われたいと考えてる私の味噌は
多分、腹黒い味の味噌になるであろう・・・醸造期間半年・・・
一体どんな味の味噌になるのか。今度は梅干しとかも漬けてみたいと思った。

その後、夕方、中野駅でお迎えに来てた元・夫に、フーちゃんを渡し、
私は娘とバイバイした。それから家に帰って、アマゾンで購入した
ジョン・ウォーターズの映画「ヘア・スプレー」と「クライベイビー」を
立て続けに観て、とどめに大好きなディバイン主演の「ピンクフラミンゴ」を
観た。「手作り味噌で天然生活」から「ピンクフラミンゴ」でシメ。
完璧にバランスのとれた一日であった。

|

2007年1月31日 (水)

ティーヌンでブス

きのうの夜、私は神楽坂にいた。日本舞踊の白央さんと編集のナラオカ嬢と
大人な、おでん屋で酒を飲んでいた。粋な白央姐さんと新婚ホヤホヤのナラオカ嬢に
すすめられるがままに、クイクイとビールのジョッキをあけ、気がつけば私は
白央さんと二人で、カラオケボックスで明菜とか聖子ちゃんを熱唱していた。
そしてまた気が付いた時は今日の朝になっていて、私は夫に泣きながら謝っていた。
どうも私は、昨晩、したたかに酔っぱらって、体中を枯れ葉まみれにして帰宅したようである。
植え込みですっころんで、ダイブしたのをかすかに覚えている。それで枯れ葉まみれ。
「忍法・木の葉隠れ」といったような、そんな有り様の嫁に、夫はあきれ果て
そして怒りを覚えたようである。だから、泣きながら謝罪。しかし、泣きながらも
「ハラ減った」を連発する私、37歳。そんな私を彼は外に、メシを食いに連れ出してくれた。
向かった先は、トムヤムラーメンの総本家「ティーヌン」。「いんげんと豚肉のレッドカレーのっけ
ごはん」と「トムヤムラーメン」のセットのランチをオーダー。
多分、ラーメンは小鉢に入ってるのであろうと思って、それで頼んだのだが、ラーメンは普通の
でかいドンブリに入って登場した。二日酔いの胃袋にトムヤム&レッドカレー。自殺行為である。
しかし、私はそれを食らった。二日酔いだが、ハラへってたんである。
きのうから顔も洗わず、目の下マスカラ落ちて真っ黒で、むくみまくった顔の二日酔いの女が、
麺・トムヤム汁をズルズルとすすりまくり、合間に「うめぇ」を連発する様は、
まさにチンポコが萎える光景だろう。鼻の穴から、トムヤム臭ムンムンの鼻水がジュルジュル出て
きそうな勢いであった。そんなラーメン食いつつ、レッドカレーのっけメシを、「ん〜〜〜!!」
とか言いながら、ほおばる姿は、まさに「ブス」。相当のブスっぷりである。
のっけメシとラーメンを完食した私は、帰宅するとそのまま、また布団に大の字になり、そして爆睡、まんぷくになって爆睡。今日はまさにパーフェクトなまでのブスっぷり。
「こんな私と結婚してくれた夫には本当に感謝しなければならない。」・・・・・・
そう、夢うつつに思いながら、夕方まで、鼻ちょうちんを出しながら寝こけていた私であった。


| | コメント (0)