« 赤子が足元で今日もまた・・・・ | トップページ | 最近テレビ観て気が付きました »

2008年11月19日 (水)

山形ふるさとCM大賞収録

きのう、日帰りで山形に行って来た。
「山形ふるさとCM大賞」の審査員で呼んでいただいたのである、私が。
いいんだろうか、私で。なんせ他の審査員の方々、
東北芸術工科大学の先生とか、電通のクリエイティブディレクターの方とか
山形県副知事、山形テレビの局長さんとか、そうそうたるメンバー・・・
なんだか一人だけトンチンカンなのが混ざってる、みたいな
そんなカンジであったのだが・・・
でも、それはさておき、山形県内の市町村から集まった、
よりすぐりの30秒35作品、全部おもしろかったですわ〜〜、
なんか、ヘタな映画カブレが作るようなワケわかんない映像よりも
ぜんぜんおもしろいんです。やっぱり素直が一番よ。これ大事よね。
で、会場は山形テルサ。(とゆうホール)
私てっきりスタジオ内での収録かと思ってたもんだから、でかいホールでの収録には
正直ビビリました。そして審査員席が客席の真ん中とかにあって
まさに「欽ちゃんの仮装大賞の審査員」状態。
で、司会者の方はタキシードだし、アシスタントの女子アナさんはドレスだし
まさに年末放送にふさわしい雰囲気ムンムンで、
「ほんとに私がここに座ってていいんだろうか・・・・」と、
緊張のために吐き気がしてくるしで・・・・・いやぁ、私、若い頃になんで
舞台で芝居なんてできたんだろうって、今さらながら思いました。
もう、怖くて舞台なんて立てません。
てなわけで、収録開始。どうなることかと思ったけど
なんとか審査のコメントなんかもしゃべったりして
まったくよくやったもんだわと、己を褒めてやりたい気分。と言いたい所だけど
そのコメントっつうのがまたねぇ〜〜〜・・・
他の審査員の方々みたいな、気のきいたソレっぽいことがゼンゼン言えず
ハッキリ言って、これまたトンチンカンな事ばかり言って支離滅裂で・・・
多分放送用にうまい具合に編集してもらえるんだろうけど、
それにつけてもなぁ〜〜〜・・・・、そんなふうだっつうのに
最後の授賞式では、なんと私は生まれて初めて
「トロフィーを渡す」ってことをやったのである。いいのか、私で。
私は優秀賞を取った二組に渡したのだが「・・・私ですみません。」って
気持ちでいっぱいであった・・・てゆうか「私も何か賞欲しいよ〜〜〜!!!」とか
考えていた・・・何なんだ、私。
収録後、今回、私を審査員に推薦してくださった「なおみさん」(すみません、
名字うかがってませんでした)にお会いしました。ほんとに、なおみさんには感謝です、
こんなめったに出来ない経験させていただいたんですもん、
ほんとにどうも有難う御座いました〜〜〜!!!
そして、関係者の皆様、わたくし、な〜〜〜んもお役にたてなくて
なんだかホントに申し訳ありませんでした、トホホ・・・・。

てなわけで、収録後、夕方6時8分の新幹線で東京に戻ったのだが。出発まで
小一時間ばかり時間があまってたもんだから、緊張から解放された私は
なんだかもう「クサリを解き放たれた猟犬」のごとく、山形駅でおみやげ買いまくり。
「芋煮の炊き込みご飯の素」「さくらんぼカレー」(なんじゃそりゃ)
「わらびの煮付け」「日本酒」「蔵王ワイン」「スモーク牛タン」
「紅花弁当」「米沢牛どまんなか弁当」「フーちゃんへのお土産用の
地域限定マーブルチョコ」「車内で読む用の文春」
「車内で、すぐに飲む用の缶ビール」・・・・まさにプリティウーマン状態in山形駅。
ビールなんて車内販売で買えるだろうけど、でも乗ったらすぐに飲みたかったもんだから
駅構内で購入し、そして「ぬるくなるのがイヤだから」という理由で
すんげぇ寒いっつうのに、ブルブル震えながら、待合室ではなく
ホームで新幹線の到着を待ってた私であった、アホか。

てなわけで、山形ふるさとCM大賞、12月1日に放送だそうです、
なんかその後、再放送もやるそうです、
山形の皆さん、是非みでけらっしぇ〜〜〜☆

|

« 赤子が足元で今日もまた・・・・ | トップページ | 最近テレビ観て気が付きました »