« 手術恐い | トップページ | 朝の難行 »

2008年6月 9日 (月)

すごいバツイチさん

高橋恵子(関根恵子)→おさな妻
守屋前次官の嫁・幸子→おねだり妻
フライパンDV→フライパン妻
三橋歌織被告→バラバラ妻

・・・・というわけで、世に様々な「妻」がある。
先日、週刊現代で取材した、バツイチさんの女性は凄かった。
なにしろ「フスマぶん投げ妻」・・・・元亭主に向かって
ブチキレて「フスマをぶん投げた」らしい・・・。
一体どんな顔して、ぶん投げたのだろうか?
この回の取材はまるで「DV妻祭り」のごとく、
一緒に取材させてもらってた男性の元妻も、負けじ劣らず。
なにしろその男性、「ビールのジョッキで、妻に頭を殴られた」らしい。
凶器のジョッキが「割れた」そうだから、もの凄い力で殴りつけたのだろう、
だってジョッキって、そうそう簡単に割れるか?
そういえば以前、このバツイチ取材で
「元妻に、カチカチに凍ったアイスノンで顔を殴打された」という男性がいた。
「これが、その時殴られた跡です。」と、
頬にうっすら残った、赤いミミズ腫れ状の傷跡が痛々しかった・・・
・・・・どうやら最近の女の武器は、「爪」だけではないようである。てゆうか、
女といえば「キエ〜〜〜っ!!」とばかりに、猫娘のごとく
爪でガリガリってイメージなわけだが、現実はどうも違うようである。
「フライパン」から始まって、「フスマ」「ジョッキ」「アイスノン」って、
なんか、あまりにも色気もへったくれもないというか、生活感ありすぎで
(殴られてる方には悪いが)はっきり言って、凶器が「おもしろすぎる」。
だって「アイスノンで殴る」なんて、そうそう思い付かないもの。
他にも何かあるだろう、と思うのだが、でも、「ものすごく固い」ってことで
その元妻はピンときたのだろうか。「これは凶器になるわ!!」って。
それにしたって、冷凍庫にアイスノン取りに行く間に、ハッと我に帰って
「アタシ一体何をしようとしてたのかしら。」って、思いとどまってもよさそうなものだが。
ところで、「歌織被告→バラバラ妻」だが、
ちょっと前に、銀行で受付待ってる間に読んでた、文春か朝日には
「ノコギリ妻」というニックネームで書かれていた・・・・・
なんとなく「やられた。」と思った。

ところで、その、現代のバツイチ連載の担当編集・中川さんが
担当からはずれる事になってしまった・・・悲しい!!!残念すぎる!!
己の業の深さからにじみ出てくる、「いい質問」をビシビシとばしまくって
場を盛り上げてくれてた、主要メンバーだったのに・・・・・
残念!!!!!


|

« 手術恐い | トップページ | 朝の難行 »