« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月27日 (火)

男根はどこへいった?

ゼクシイ。
言わずと知れた。泣く子も黙る。
リクルートの結婚情報誌。
その、ゼクシイの新CM。
ビックリしてしまった。「世の中はもう、こんなふうになってるのか???」
・・・・なってるかどうかは知らないが。
でも多分、こうなりつつあるのであろう・・・・だからこんなCMが出来たんだろう・・・
男がゼクシイを、自らすすんで買う時代がきたのか?ついに!!
その新CM、どんなものかというと、他愛無い内容といえば内容なんだけど、
ようするに、「結婚を考えてるらしい彼氏が、本屋でゼクシイを買う」って内容
なのである。で、それを見たカノジョが『おやぁ〜〜〜???おやぁ〜〜〜??』
と言って、その彼氏をひやかす・・・・ひやかされてテレ笑いをする彼氏。
そういう内容のCMなのだが。
初めてこのCMを観た時、私は「ああ、もう、そういうふうになってるんだ最近は・・・。」と
何故かガックリしてしまったのである。
「男が自らすすんでゼクシイを買う」なんて「男らしくない」・・・
・・・・多分私はそう感じたのである。
なにせ、私が20代の頃のゼクシイは
「召集令状・赤紙」的存在だったはずである、男にとって。
「彼氏と結婚を考え始めたら、さりげなく部屋にゼクシイを置いておく」
というのが、当時の女の結婚アピールだった。そして、その
「さりげなく置かれたゼクシイ」を見て、男達は「・・・・ついにオレの所にも来たか!!!」と
畏怖の念を心に抱き、ゼクシイに気が付かないフリをする・・・戦々恐々・・・というのが
90年代の「ゼクシイのあり方」だったような気がする。
しかし。時代は変わったもんだ。男が自らすすんでゼクシイを買う設定のCMなんて。
「実際、今の時代だって、そんな奴いねーよ」と、思ったりもするけど、
いや、そんな事は無い、ホントに買ってる奴がいそうだから恐い。
CMの中で、その彼女らしき女の子が「おやぁ〜〜〜????」と
何度も彼氏をひやかすのだが、それを観て、ああ、そんな時代になったのかと
なんだかしみじみ・・・・この、「ひやかされてる時の彼氏のテレ笑い」が
もの凄く可愛いんだ。もう、並の女より可愛い。ひやかしてる彼女よりも
可愛いんだもの。女よりも、その男の方に、もう、目が釘付け。あの男、一体誰?
(多分、男オシャレ雑誌とかに出てるモデルっぽいけど)
で、最後にお約束的に、ウエディングドレスに身を包んだ、はじけるような笑顔の
女の子のアップで、このCMは終わるのだが、なんていうんだろう、
「・・・・・花嫁姿が、そんなに思ったほど可愛くない」ってのが、正直な感想。
なんていうか「アンタ、ガッツリ鷲掴んだわね、結婚を」って感じに見えてしまうのだ。
ようするに「すんげぇ強そう〜〜〜」って事か?
逆に、一緒に映像には映ってないけど、多分、花婿の方が凄く可愛いんじゃないか?って
妄想が頭をよぎる。なんせあのテレ笑いだもの、そして自分からゼクシイ買う男だもの。
「男の方が花嫁みたい」って、どういう事だ、一体。
どっちが花嫁なんだか分かりゃしねぇって・・・・・
今って段々、そういうふうになりつつあるんだろうか?
このCMの花婿は、やっぱり将来、パパサウルスになるんだろうな。
子育ても大好きな、可愛い夫になるんだろうな。別にそれが
悪いとは言わないけど、でも、巨人の星の父ちゃんみたいな、
卓袱台引っくり返すような男はもういないのか?
って、あそこまで極端な男と結婚生活送るのはごめんだが、でも、男根。
今、男の中から男根が、蜃気楼のように消えつつあるのか?
ああ、あそこに男根が・・・と飢餓状態で必死で握ろうとしたけど、蜃気楼だった・・・
なんて、そんなふうな存在と化してるのだろうか、昨今の男根は。
男根はどこへいった?

|

2008年5月19日 (月)

笑うカドには福キタル

まだ鼻水がズルズルしている。
一体私はいつまで風邪をひいてるのだろうか。

ところで私は、来月39歳になる。
なんだか、まどろっこしい、まーだ39歳なんて。
実を言えば、私は早く40歳になりたい・・・早く40歳になりたい!!!
って、まるで妖怪人間ベムみたいだが、でも、ほんとなんだ、
なんか、30代って、ほんとに中途半端な年齢って気がして。
若くもないし、かといって中年というほどでもないし。
ま、30代最後の1年は、
「汚染された畑の土を、またキレイな状態に戻す」ような
そんな作業に従事しようかともくろんでるのであった。
やっぱり、土がちゃんとしてないとねぇ。
農薬まみれとかで荒れ放題じゃ、
きれいなお花は咲かないわ。
元気で明るい中年になれますように。

|

2008年5月15日 (木)

あー、まだ、風邪。

風邪、なかなか抜けず。頭、朦朧、集中力が全く出ない。
困った。ネームやんなきゃなんないのに。

ところで最近、何かと話題のダライラマ。
彼の、袈裟みたいな衣装からニョッキリ出た、あの、二の腕を見てるうちに
何故か「小泉今日子の二の腕」を思い出したのは、私だけだろうか。
ダライラマと小泉今日子の二の腕は、なんだか似てるような気がする。

さて赤子。
体中、ヘンな湿疹出来ちゃって大変。
来週あたり、のぶえの紹介してくれた病院に連れてこうかと思ってる。

|

2008年5月14日 (水)

風邪だ

赤ん坊に風邪をうつされた。かなりつらい状態。
あ、そーいえば再婚一直線のドラマが今週月曜から始まった。
著者が言うのもなんだが、なんだかいいホームドラマである。
さすが、愛の劇場、である。

先週から、高尾のきらくかんという整体屋さん(?ていうのか?)で
母と子のサイコセラピーという育児講座なんか受けてたりする。
いわゆる育児本と違った捉え方の、とてもおもしろい講座である。

ところで赤ん坊って寝る時、バンザイして寝てる事が多い。
先日もそうやって、バンザイして寝てたところ、
それを見たフーちゃんが、「これで、バナナ両手に持って寝てたら
すごくバカみたいだね。」と言っていた。
子供はおもしろい事を言うもんである。
ていうか、昔から私は、「どんなに偉い人でも、バナナを食ってたら
ぜんぜん偉そうに見えない。というか、バカみたいである。」と
思ってたんだけど、フーちゃんも似たような事考えてたのは
やはり親子、ってことなんだろうか?

で、先日、週刊現代の中川嬢と、初めてサシで一杯やったのだけど、
なかなか強烈な一夜であった。31歳VS38歳。
19,20歳の女子が出そうとしても出せない醗酵臭が
店中に漂ってたのでは?と思うほどの濃い内容のトーク。
世界で一番臭い缶詰、みたいな。
それにつけても、やっぱり、中川さんも「長女」だった。
なんで私が仲良くなる女は、みんな長女ばっかなのか?

あー、頭が重いし、鼻水、薬飲んでもあんまり効かない。
赤ん坊って体小さいくせに風邪菌は強烈。

|

2008年5月 7日 (水)

そんな季節になったか?

連休明け。
カラッとしてるが、日差しがジリジリ照りつけてくる暑い日だった。
平日に戻ったけれど、なんだかまだ高田馬場には
呑気な雰囲気がただよっている。
そんな中、正べえのオムツを買いに、近所の薬局に赴いたわたくしアビコ。
しかし「雰囲気呑気・妙に夏っぽい暑さ」に、ほだされたのだろうか、
「・・・・・そういえば。」と私は思った。
「何か新しい怪談本は出てるかしら・・・?」
怪談の季節にはまだ早い・・・・しかし、こんな夏っぽい空気が
私を久々に、怪談に駆り立てた。考えてみれば、もう、半年くらい
怪談から遠ざかって、赤ん坊の世話に追われる日々・・・・。
「何か無性に怪談が読みたい・・・・!!」
私の中で「怪談切れ」が起こっていたのだろう、
体内に新たな怪談を補充すべく、薬局の帰りに書店に直行・・・・・
・・・・その本に呼ばれてか、私がその本を呼んだのか。
「・・・・これ!!!!」
即買いであった。
メディアファクトリー・幽ブックス・安曇潤平氏の
「赤いヤッケの男」・・・・もう、タイトルからして
なんか恐い・・・この安曇氏、「幽」2号で鮮烈デビューをした
登山好きの「山男」だそうで、彼が登山中に見聞きした
怪談を集めた本なのだそうである。
オビには加門七海先生や平山夢明氏のコメントがのっており、
買うのをためらう理由は何も無い。
「これ、お願いします!!」レジに直行。
「カバーはおかけしますか?」「いりません!!!」
・・・・右手にメリーズ、左手に怪談本。
帰宅してさっそく、ドキドキしながらページをめくって
怪談を体内注入・・・第一話目は、なかなかいいジャブ、といったかんじの怪談で
「これこれ、これよ・・・!!」と思わず白眼で舌なめずり・・・
そして、実家のやえ子から送られてきてた「山形の玉こんにゃく」を
鍋で煮込みながらニ話目に突入・・・・玉こんにゃくを
煮込んでいるのに背筋が寒い・・・!!!!・・・この本、けっこう恐いわよ!!
「街の怪談」には慣れてるけど、「山の怪談」も、かなりのもの!!
赤ん坊の育児に追われる日々ではあったが、
怪談を読みつつ、徐々に己を取り戻しつつある私である。

そんなわけで、うちの正べえ4か月。実はもの凄く髪の毛が
モジャモジャの赤ん坊なのだが、保育園の先生に
「暑くなってきて、アセモも出てきたし、髪の毛もある程度
切った方が、湿疹のためにもいいかも。」と言われ
帰宅後、断髪。確かに湿疹がひどかったので
気にせずどんどんバヒバヒ切ってったら、
まるで「受刑者」のようになってしまった。
そしてその時、着てた服が「オレンジ色」。・・・
・・・・「これじゃまるで三浦和義だよ!!」
髪の毛が多い赤ん坊って、
まったく赤ん坊らしさがないものである・・・。


|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »