« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

女の精進

こないだ、仕事の打ちあわせで会った編集さんに
「痩せましたか?」と、言われた・・・・・・やった〜〜〜〜!!!
とはいえ、ほんとに痩せたのかどうかは分からない。
なんせ私は体重計に乗るの、やめてるもんだから。
「痩せるためには、毎日、体重計に乗っかる」というのは
ダイエットの常識である。はかるだけダイエット」なんてのもあるわけだし、
とにかく体重計に乗らずして、痩せる事はムリ、みたいな、
私は今までそういう常識に振り回されてきた。
なにしろ山形の実家に帰る時も「いつも使ってる体重計」を
宅急便で送ってたくらいである。
体重計に乗るのやめたら巨漢一直線、そのくらい
「体重計の数字」に毎日毎日振り回されてたのに、それが今。
すっぱり体重測定をやめてしまった。何故か。理由は至極簡単。
ただもう「疲れた」のだ。本当に毎日毎日もう・・・・
「あああ、きのうより300グラム太ってる!!!」とか
「なんで夕飯抜いたのに、これしか減ってないのよ!!」とか
四六時中、数字を気にしてて、こんなの精神衛生上良くないに決まってる。
はたから見てたら「300グラム太った」なんてーのは
ぜんぜん分からないもんなのに、本人は
「3キロ太った」ぐらいの落ち込み方をするわけだから。で、ストレスで過食。
「はからないとダメ」って人もいるかもしんないけど
私みたいな、摂食障害とかやらかしたことのある人間には
多分むいてない、毎日朝晩体重計に乗っかるの。
「私は太っている、太っている、太っている。」って、数字凝視して
落ち込んでばっかりなんだもの。
で、そんな私が、どうやって痩せたのか?
というか「痩せたらしい」のか?理由はこれも、至極簡単。
今まで着てた服を全部処分して、
いつも着る服のサイズを、全部「7号」にして「無理矢理」着てたのである。
(ちなみに私は身長が159センチなんで、このくらいで多分丁度いいのである。)
で、「アンタ、こんなXSなんてサイズのスカート入るの!!??」と
自分で自分にツッコミ入れながらも、とにかくもう、それしか着ない。
果敢にチャレンジしていくのである。尻込みなんてしてられない。
ガッツあるのみ。当然最初はキツイ。しかし。
着てるうちにそれが「普通」になってくんだから
驚きである。「ただ服が伸びただけじゃないのか?」と
これまたツッコミ入れられそうだが、実際「痩せました?」と言われたのだから、
確かな効果はあったのだろう。なにしろ食い過ぎたらウエストきつくなるわけだし
すごくわかりやすいこと、この上ない。体重計の数字に縛られるより
精神的に楽で仕方が無い。きつかったスカートが入るようになると気分いいし。
なんていうか、昔は「この数字の体重じゃないと絶対ダメ!!!」って
もの凄く自分にスパルタだったのだが、今は
「このサイズのスカートが入ってるんだから、もういいじゃないの。」と
思えるようになったのだった。
あと、「毎日スクワットを100回やろう。」ってゆうのにも挑んでたんだけど、
案の定、続かないんだ、これも。「ああ、また三日坊主」って
すーぐ落ち込んで暗くなるから、これまた精神衛生上良くないわけで、
だからそれも、もういいやってやめた。で、そのかわりといっちゃあなんだが
「タバコを吸う時は、つま先立ちして吸う」事に決めた。
基本的に私は、家で喫煙する時は、ベランダや換気扇の前での
「立ち吸い」なのだが、その時を利用して、つま先立ち。
多分効くはず、続くはず、これなら。
そんでがっつりハイヒール履くよーにすれば下半身、変わる。
「いやな事はもうしない」トシくったら、フツーにそう言い切れるようになった。
素晴らしいことである。

|

2008年4月25日 (金)

七人の女弁護士が。

「七人の女弁護士」が好きである。
なんで?と言われると、なんでだろう・・・と考え込んでしまうのだが・・・
多分あれだな、あの女弁護士達の「和気あいあい感」が
好きな理由だろうか?みんなキャラが立ってる感じがいい。
「私も、あの女弁護士達の一員になりたい!!」と思うくらい私は
「あそこの雰囲気」が好きなのである。
賀来千香子主演の時も好きだったし、今現在の
釈由美子主演のやつも好きである。
で、昨日の放送も何気なく観ていて、それで気が付いたんだけど、
最近また新たに始まったこの「女弁護士」、今回の新シリーズからだと思うのだが
事件が解決して、ラスト、事務所でみんながホッと一息つくシーンで
必ず「甘味・スイーツ」を食べる。
「は〜〜い、皆さん、今日はトロットロのチーズケーキですよ〜〜〜♡」
とか言いながら、みんなで甘味に舌鼓を打ってドラマが終了するのである。
昨日はなんか、チョコクッキーみたいのを食っていた。
初回から、何故かいつもこのパターンでドラマが終了しているので
多分、最終回までずっとこれを通すんだろう・・・・事件解決後はみんなで
甘味・スイーツを食べて終わる・・・・・「・・・・なんか西武警察みたいだな。」
おもむろに私はそう思った。西武警察、かの大門軍団は
事件が解決すると、なんかみんなズラリと一列に並んで歩きながら
「タバコのまわし吸い」をする・・・・・七人の女弁護士達は
事件が解決すると、ねぎらいの「スイーツのまわし食い」・・・いや
まわし食ってはいないが、しかしなんか大門軍団を彷佛とさせるものがある。
「これ、まさに大門軍団の『タバコのまわし吸い』だよね!!」と
私が熱く夫に語ったら、夫に
「マリエちゃんって、なんか知らないけど大門軍団のタバコのシーン、
やたら好きだよね」と言われた。・・・・やたらに好き・・・・そうかもしれない。
夫にそう指摘されて私は、なんだか自分の急所を掴まれたような
そんな気分になった・・・そういえばそうだ。
多分、日本国民一億人以上いる中、私は
「大門軍団のあのシーンをよく話題にする人」に、なるかもしれない・・・そう、
私はそんな人間・・・・
・・・「だから何?」と言われると、「いや、ただそれだけなんすけど。」としか
答えようがないのだが。

|

2008年4月16日 (水)

芸能人の人生

松居一代・ド根性始球式。
楽天オリックスの始球式の練習中、硬球を顔面に直撃され
鼻骨陥没骨折をやらかしたけど、それでも笑顔で始球式に
挑んでた一代・・・・今朝のスーパーモーニングで
どっかのホテルの一室で取材受けたんだろうか、そんな室内で
現在の心境を語ってたけど、そんなそこまでして追求するネタなのか?
きちんと化粧してヒザ閉じて椅子に座って、
まるで「船越と息子のいい関係」を語るかのようなノリで
流血話に花を咲かせていた一代。
で、あげくのはてには「その時、練習中使ってた血染めのグローブ」を
「宝物」として紹介してた・・・・。
多分、「前向き」とか「何があってもへこたれない」ってゆうスタンスでいるから、
あんなふうに笑顔で「硬球顔面直撃」を語れるのだろうけど
一般人の私からすると
「芸能人って、自分の事、とにかく何でも語るのが仕事なんだ」って
しみじみ考えさせられたのだが。てゆうか「何でも語りたいんだ」ってかんじか?
やはり、芸能人にプライバシーなんてありえない、というか、
自分の事を語りたがらなくなったら、芸能人終わり、なんじゃないだろうか?
最近は加護ちゃんもなんか語ってたし(謹慎中リストカットしてたとか)
あと奥菜恵も、赤江珠緒アナを相手に思いっきり「自然体」で
語ってたけど。(byスーパーモーニングにて)
そんなわけで先日、江古田シーズにて。
パリから帰ってきたニュー姐さんに
「日本はどうだった?」と聞かれた私。
「奥菜恵がエッセイ出して、スーパーモーニングで、
今の自分、語り尽くしてたんだけど。」と、酔っぱらって3回くらい喋ってたそうである。
記憶にない。ニュー姐さんがパリに行ってた1週間の間、
私の心をガッツリ鷲掴んでたニュースって
結局、奥菜恵だけだったのか?

|

2008年4月10日 (木)

何やってたんだ、私。

くっそ〜〜〜、なんだかひっさびさの日記だ!!
なんで、くっそ〜〜〜なのかというと、
一人酒しながら、マイケル・ムーアの「シッコ」を観て泣いてたんだ、
泣く映画なのか?あれって。いや、私は泣いたよ、普通に、いい人だから。

最近の私、何やってたんだ?
正チャン、昨日から保育園、ならし保育。
明日は、9時から12時までだ。
だんだん日常が仕事モードに切り替わりだ!!

で、聖火リレー。面白い事になってる。目が離せない。
でも日本の聖火リレーは、何事もなく通過するような気がする、
日本人の気質を考えると。
日本人には、暴動起こすほどのガッツなんてないと思うんだが。
きっと、銭形警部だけが大騒ぎするんだ、何かあるって。
てゆうか、世界の聖火リレー騒動が勃発する中で、
「じゃぁ日本はどんな対策を!?」ってゆうニュース観た時、何故か
「『ルパン三世の銭形警部』が率先して、使命感むき出しで
パレードの警備に当たってる」
とゆう絵ヅラが、頭に思い浮かんだもんだから。
県警の銭形、大騒ぎしそうじゃないか?なんにも起こらなくても。
長野県警の人間じゃなくても。
私って、想像力豊かな人間だなー!!!
酔っぱらってるからなんか、やけくそ!!
仕事がんばろー!!
日記もこれから頻繁に書いてやる!!

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »