« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月17日 (月)

人生ピンカラ。

こないだ私は、テレビで「党の大会で、千の風になってを
歌い上げる片山さつき」の事について書いた。
そしてその後日談、というか後追いネタである。
今朝、スーパーモーニングを観てたら、またこのネタをやってて、
その、女ののど自慢のごとく歌い上げるさつきに対して、小泉純一郎が
「X-JAPANの大会みたいだな!!」と言ってる映像が流されていた・・・・・
・・さつきの歌いっぷりがX-JAPAN・・・言いたい放題である。
私が思うに、純一郎は「やんちゃな長男」で、
多分、息子の孝太郎の方が「実はしっかり者」
なのではないかと思う。なんせ、土ワイでたまに観る孝太郎の演技は
だいぶ「しっかり者」である。
孝太郎は、きっと東幹久の後をしっかり継いでくれそうな気がする、と
思うのは私だけだろうか?

ところで今日は、週刊現代の仕事で
「藤竜也・ぴんから兄弟の宮史郎・東ちづる・山田邦子」の
似顔絵を描いた。だんだんわけのわからないものばかり描いてるような
気がする・・・私、ガロ出身だったけど・・・・トンガリキッズだったけど・・・
でも今、ぴんから兄弟の似顔絵描いてる・・・・人生ってよくわからない。

|

2008年3月16日 (日)

フーちゃん、がんばれ!!

昨日、今日とフーちゃんの日だった。
正チャンはフーちゃんが来てニコニコしっぱなしだった。なんせフーちゃん、
大人も考え付かないような、オモシロイ事やって、
正チャンをあやしてくれるもんだから。
で、今日は池袋西武へ行ってきた。
フーちゃんが「本屋に行きたい」っつうもんで。池袋リブロ。
着いて直行、学研の科学コーナー、フーちゃん悩んだ末に買った物は
「電磁石・でかモーター」っつう、実験キット。なんでこれなの?
帰宅してすぐ、製作にとりかかる。
「マリエちゃん、ドライバーってある?」とか、
一体この子は何を始めるのか、小学3年生(今度の4月で)。
なんか、電気発生させるよくわかんないことやってて、
それやってたらケムリ立ち初めて
「ちょっと、アンタ、ドリフの爆発コントみたいになるつもり!!??」
とかいっても、マリエの事は完全無視。
色々難しい所は私の夫に聞きながらやってたけど、
ほんとにこの子は一体誰に似た?というかんじである。
(多分、元・夫かもしんないけど。)
ネジしめたり、コイル巻いたり真剣な表情のフーちゃん、
「なんかアンタ、まるで特攻野郎Aチームのメカニック担当みたいじゃないの!?」
なんて私がちゃかしても「ふ〜〜ン。」なんて言われるばっか。
私に抱かれた正チャンは「アック〜〜ン、ウック〜〜〜。」とか言ってるのが
まるで「パーマン2号」のようである。喃語、まるで猿。
最後に小さい車輪を埋め込むのが、力の弱いフーちゃんには
大変だったようで、そこはようやく親の出番。っつうか、
特攻野郎Aチーム・力持ちの出番である。「マリエにまかせろ!!」
トラックを引っくり返すかのような形相で、
グリグリと力技で車輪をねじ込み作業完了。
娘がメカニック担当で母親、力技担当。情けねぇ。
その後、ベランダでタバコを吸ってたら
「マリエちゃーん、こんなふうになったよ〜〜。」と、フーちゃんが
さっきの完成品に、プロペラを装着させて持って来た。
そして、私の吐き出すタバコのケムリを
自家発電のモーターで、プロペラ回して飛ばしてた。

フーちゃんて、一体どんな子になるんだろう?
なんか将来、ロボコンとか出てそうな、そんな絵ヅラが脳裏に浮かんだ。

その後、フーちゃんが帰ったら、正チャン泣く泣く。なんで??
仕方ないから「春休みになったらまたフーちゃん来るって!!
また遊んでもらえるよ!!!」と言ったら、なぜかピターと泣き止んでた。
凄いと思った。

|

2008年3月14日 (金)

祝・3か月

今朝は朝っぱらから、テレビで「党の大会」かなんかだろうか、
片山さつきが「千の風になって」を朗々と歌い上げてる画面に遭遇した。
傍らに夏木ゆたかがいたら、まるで、ルックルックの
女ののど自慢と化してたのではなかろうか。
こおいう、党の大会での、なんかこんな「学芸会」みたいなのって
一体どうやったら観れるんだろうか?
確か姫井由美子は、お姫様のカッコして
ヘンな村芝居みたいな時代劇やってたし、
他にも山本一太のバンド演奏(一太がボーカル)とか、
「何やってんだよ一体」と言いたくなるような出し物が、めじろ押しのようである。
やはり、その党の党員にならないと観れないのだろうか?

ところで、こないだの3月11日で正チャンがついに!!3か月になったのである、
やった〜〜〜〜〜!!!!!とはいえ別に、いきなり「おふくろ。」とか
言い出すほどに成長を遂げてるわけではないが、いや、しかし。
「育児で一番キツイと言われる、魔の3か月」を遂に乗り越えたんだもの、
いやぁ、ほんとにおつかれさんでした。
ほんと、この3か月は、何度も離婚の危機に陥ったもんだった。
とにかく体がキツくなって、毎朝「・・・もう限界かもしれない。」と思いながら
生きてるんだから、そりゃあもうお互いイライラしないはずはない。
実家が二人とも地方だから、手伝ってくれる人もいなかったしな。
それでほんと、よくやったよ。
正チャンの鼻づまりがひどくなった時、あの時が一番最悪だったかもしれない。
本気で「あああもう離婚だ離婚!!!」なんて考えて、
しかし「アビコさん、子供の鼻づまりが原因で離婚したんだって。」なんて
後ろ指さされるのもどうかと、ハッと我にかえったりして、
でも腕や脚に原因不明の湿疹がブワ〜〜〜っと出まくったりとか
それで体中激痛になったりして、本気で死ぬかと思った。
しかし。そんな時を経て。
もう春なのである。
長い、つらい冬は終わったんだ〜〜〜〜〜、と思ったら泣けてくるな。
3か月になった正チャンは、夜の授乳が1回で済むようになった。
だんだん、まとまった時間寝れるようになってきたのだ。
それから、あやすと笑うようになってきたし、喃語も口にするようになってきた。
首もだいぶすわってきたみたいだし。
元々、母乳は飲んでなかったんで、あんましオッパイ吸うことはなかったのだが
以前はそれでも、母乳出なくても、泣いて騒ぐ時は吸わせてた。
それが気が付いたら、今はもうぜんぜん吸わせてない。
というか、向こうも吸うの忘れてる、というか、とにかく、お互い
気が付いたら「そういえば吸って・吸わせてないね。」ってふうになっていた。
あやんちのロクちゃんとか、のぶえんちのユリちゃんが今
離乳食にトライしてるとゆう話を聞くと
「赤ん坊でいる期間なんて、本当にほんのわずかなんだな。」と
しみじみしてしまった。1歳になったらもう、見た目は赤ちゃんじゃなくなるしな。
もう立派に幼児ってかんじになっちゃうしな。
てなわけで、3か月祝いとゆうこと、かな、
あやがウチにオモチャを贈ってくれた。
ありがとう、あや☆

|

2008年3月 7日 (金)

キリコの蘇民祭

昨日は、高田馬場「ちゃぼ」で、「東京の男の子」の打ち上げが
ありました。(ここの焼き鳥と唐揚げは、
ちょーウマイです、さかえ通りにあるお店です))
で、多分、今回も魚喃キリコ姐の独壇場になるだろうと思ってたら
案の定、飲み会は「キリコの蘇民祭」と化したのであった。
身も心も素っ裸っつうか、常にフンドシ一丁の女だな、キリコは。
それにほだされてか、ニュー姐さん、キリコの化粧品使って
酔っぱらって化粧始めてるし。編集のコンちゃん、リキッドアイライナーで
キリコにもの凄いアイライン描かれちゃってるし。
(・・・・お気の毒様としか言い様がない・・・・)
で、途中、銀杏ボーイズのアビちゃんも来てくれた。
相変わらずの、素晴らしい腰の低さ、礼儀正しさである。
私、なんだか、ビール、いっぱい飲んだけど、どのくらい飲んだんだ?
気がつきゃ店のマスターと女の子に話しかけて、
なんかくだらんことしゃべってた。
店の女の子のオッパイさわってるし。オヤジかよ。
でもまぁ、なんかすごい楽しんでたのは間違いない。
で、今日、翌日。
案の定、二日酔い。なのに今日午後から、正チャンが4月から行く
保育園の説明会である。(入園が決まったのだ、やった!!!)
昨晩、化粧も落とさず寝たせいで、目の下真っ黒、肌ボロボロ、
顔がもう、なんつうか、しょっぱい。眠いし気持ち悪いし。
そんな状態で保育園説明会突入。いいのか、これで?いいわけないだろ!!

ところで、珍ニュース。
「再婚一直線!」が、なんとドラマ化されるのである。
それもTBSの、お昼のやつで。愛の劇場ってやつだっけ?
主演は井森美幸さん。女流ホラー漫画家とゆう設定だそうである。
・・・・・してみるもんだな、離婚・・・。
放送は5月からだそうである。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »