« あのCMについて | トップページ | 妊娠について »

2007年6月10日 (日)

昨晩の土曜ワイド劇場

どうでもいいことなんだけど。しかし「サスペンス劇場好き」としては
どうしても触れておかなければならないような気がして、こうして
筆をとった次第である。
昨日6月9日の土曜ワイド劇場。主演・橋爪功。
「天才刑事・野呂盆六〜スワンの涙〜本庁のコロンボVS美人編集者」
・・・・どうだろう?このタイトル。特別、サスペンス劇場に思い入れのない人
から見れば、なんてことはない、ただのサスペンス劇場のタイトルにしか見えない
だろう。しかし。「サスペンス劇場が好きでたまらない」そんな輩の目には
このタイトルは「ちょっといかがなものか」に映るのである。
なにせ冒頭から「天才刑事」だもの。今までのサスペンス劇場には、こんな
「そのまんま」なフレーズは絶対に使われなかったと思う。
なにかしら、クスっとしてしまうような、そんな「ひねり」が加わってた。
例えば、「お祭り弁護士」とか「はみだし弁護士」「ラーメン刑事」「おばさんデカ」
「弁護士芸者」「盲人探偵」「車椅子の弁護士」etc,etc・・・・・
サスペンス劇場の醍醐味って、この「フレーズ」にあると思うんだけど
今回のコレって、まんま「天才刑事」・・・どうなんだ?そして
私が眉をしかめたのはコレだけではない。「本庁のコロンボ」というフレーズにも
何かカチンときた。本庁のコロンボ。
これもある意味「そのまんま」なフレーズである。
中村梅雀主演の「信濃のコロンボ」、これだったらサスペンス劇場的なのだ。
例えば「高田馬場のジェーン・バーキン」「江古田のビヨンセ」とか、
こういうフレーズって「いやぁ、ちょっとしたシャレですから」なノリが楽しい
わけである。それなのに「本庁のコロンボ」は、あまりにも、そのまんますぎて
シャレ感が感じられないのだ。
そんなわけで、肝心の内容であるが、橋爪功演じる、天才刑事・野呂盆六。
らくだ色のヨレたコートと背広は、そのまんまコロンボ感ムンムンである。
そして、なにかにつけて、やたらとパシャパシャ写真を撮り、いつも
薄汚い紙袋持参。(この中には、はたから見てたら「なんだこりゃ?」なモノ
なんだけど、盆六的には捜査に役に立ちそうな小物が入っている。)
そして、周りの人間をケムに巻くようなマイペースな人柄に加え
「〜〜〜みゃ〜〜〜」「ずら」「だべさ〜〜」など、アンタどこの出身だよと
つっこみたくなるような滅茶苦茶な方言使い。
これは「子供時代に父親の仕事の関係で日本全国を引っ越しまくってたから、
こんなふうになってしまったんだがや〜。」とドラマの中で本人が説明していたが
これが、事件解決のトリック説明の段階になると事態は一転、突然、流暢な標準語に
なるのである、そんなキャラ立て、橋爪演じる野呂盆六。
パっと見、どうしようもなさそうなヤツが実は凄い奴だった、
なんて設定はよくある事だけど、どうなんだろう、今回のコイツ。
名前からして「愚鈍そう」ではあるが、でも、
最初から「天才刑事」って言われてる状態だから、
脳ある鷹は爪隠してても、何かピンとこないし、肝心の
ラストの謎解きは「素人でも分かるだろう、そんなふうじゃ」ってノリで
ちょっと、お粗末な結果だったような気もするし。
要するに、今回のこのサスペンスは、わたくしアビコ的には
「イマイチ」だったという事である。
やはりサスペンス劇場には「つべこべ言わせない、有無を言わさぬ強引な力技」
のようなものが必要なのではないかと思う。船越英一郎主演の
「火災調査官・紅蓮次郎シリーズ」なんて、ほんとに、強引。
火事に絡む殺人事件を調査する船越演じる紅蓮次郎、キメ台詞は
「俺は火をもてあそぶ奴は許せないんだよ!!」そして、案の定ものすごく
ベタなシーンの連発、河原の土手で、同僚の調査官(宇梶剛士)と殴り合いの
喧嘩とかしてて、でもやっぱり最後は和解して笑いあってたりとか、
「今さらそんなのホントにありかよ」な、シーン連発なのだが
「でもまぁサスペンス劇場だから・・・しかも船越だし・・・」
と、許してしまう・・・そんな強引さが、この「紅蓮次郎シリーズ」にはある。
そしてそれがサスペンス劇場の醍醐味のはずだ。それを考えると
今回の「野呂盆六シリーズ」は残念ながら、その部分が弱かったような気がする。
てゆうか、キャラ作り込みすぎだったんじゃないか?なんてまぁ、
熱く語り過ぎてちょっと疲れた。なんでかとゆうと私は今妊婦だからである。

私、妊婦になっちゃったんですよねぇ。

|

« あのCMについて | トップページ | 妊娠について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。